「銭湯ぐらし」が「LIFULL HOME’S PRESS」で紹介されました。

おしらせ

2017.11.8

text by 銭湯ぐらし

2017年10月29日(木)、WEBメディア「LIFULL HOME'S PRESS」にて銭湯ぐらしが紹介されました。

https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00473/

“銭湯のある日常を再定義、高円寺小杉湯三代目が始めた「銭湯ぐらし」の意味”と題して、平松が銭湯ぐらしに込めた想いや背景、街と銭湯の関係性、これからの銭湯の役割について、住まいと街の解説者としてとても経験・知見が深いライターである中川さんならではの切り口で書いていただきました。

当日は取材を受けていることを忘れるくらい中川さんのお話が興味深く、逆にこちら側が勉強になるほどで、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。最後の中川さんのコメントは、決して私たちからは発することができない言葉であり、まるで私たちに直接語りかけてくださっているような気がしていて、とても気に入っています。

街の人が集まる銭湯は、文化も、お店も、住まいも、人も、その街に根付くたくさんのモノと繋がる場所であり、街の縮図のような存在だと感じています。

「いい銭湯がある街は、いい街なのかもしれませんね。」とおっしゃっていた中川さんの言葉がまだじんわりと残っています。

こちらの記事について、堀江貴文氏が「銭湯はイノベーションの宝庫」という言葉を添えてツイートされていました。

また、ニュース共有サービス「NewsPicks」にも取り上げられました。多くのコメントとPicksが付き、さらなる反響を呼んでいます。

https://newspicks.com/news/2590195/

掲載情報

タイトル 銭湯のある日常を再定義、高円寺小杉湯三代目が始めた「銭湯ぐらし」の意味
URL https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00473/
掲載日 2017年10月29日(木)
媒体名 LIFULL HOME'S PRESS
ライター 中川寛子
運営会社 株式会社LIFULL(ライフル)
執筆

銭湯ぐらし

SENTOGURASHI

この記事は銭湯ぐらしのメンバーが執筆しました。