【12月20日(水)】イベント「銭湯ぐらしが生み出すビジネスの可能性 銭湯×コミュニティ×まちづくり」を開催します。

おしらせ

2017.12.12

text by 銭湯ぐらし

「銭湯ぐらし」のメンバーたちがプレゼンターとなり、「銭湯とビジネス・コミュニティ・まちづくり」について考えるトークイベントを開催します

今回のイベントでは、「銭湯ぐらし」として実験的なプロジェクトを行ってきたメンバーからなる5人のプレゼンターと小杉湯店主・平松が、銭湯を起点とした新しいコミュニティやまちづくり、これからのビジネスの可能性をお伝えしたいと思っています。

チケットのお申し込みはこちら https://peatix.com/event/331346/view://p より。

こんな方におすすめ

  • 行政関係者
  • 銭湯経営者
  • 観光ビジネス関係者
  • まちづくり関係者
  • メディア関係者
  • 不動産/ディベロッパー関係者……など。

「銭湯ぐらし」は、銭湯と風呂無しアパートを拠点にしたオープンイノベーションのプラットフォームとして、各メンバーが銭湯を通して生み出す価値の化学反応を繰り返しながら、様々なプロジェクトを行ってきました。

この取り組みは、「東京新聞」「読売新聞」「Yahoo!ニュース」「編集会議」「ナタリー」「PLAY TOKYO」など数多くのメディアにも注目していただいています。

ミュージシャン、建築家、編集者、イラストレーター、プロデューサー、WEBデザイナー、アートディレクター、主婦、マーケター……職種も性格もまったく違う仲間たちが1年弱の間行った「銭湯のある暮らし」を通して見つけてきたこと。それは、当初は想像もできなかった、「銭湯」と「人」と「暮らし」の新しい未来を築いていく力でした 。私たちがこれから創り上げていく未来への第1歩を、このイベントから踏み出していきたいと思います。

タイムテーブル

18:30~
開場
19:00~19:15
イントロ(平松 佑介)
19:15~19:30
伊藤 直樹(IT×銭湯)
19:35~19:50
大黒 健嗣(アート×銭湯)
19:55~20:10
宮 早希枝(旅づくり×銭湯)
20:15~20:30
菅谷 真央(デザイン×銭湯)
20:35~20:50
加藤 優一(まちづくり×銭湯)
20:50~21:00
エンディング(平松 佑介)
21:00~21:30
質疑応答
21:30~22:00
歓談

開催概要

開催日
2017年12月20日(水)
時間
開場:18:30~ 開始:19:00~ 終了:22:00
参加費
2,500円(ワンドリンク付き)
定員
40名
主催
銭湯ぐらし × BETTARA STAND 日本橋
場所
BETTARA STAND 日本橋
(〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-10-1)
アクセス
「小伝馬町駅」徒歩2分、「新日本橋駅」徒歩3分、「三越前駅」徒歩5分
お申し込み
https://peatix.com/event/331346/view

出演者プロフイール

伊藤 直樹(起す銭湯)

NAOKI ITO / マーケター

1990年生まれ、新潟県出身、慶應義塾大学卒

新聞記者に憧れて上京、新卒で朝日新聞社に入社しニュースサイト「朝日新聞デジタル」のディレクターとして月間3億PVを超えるサイトとアプリの改善に従事。2016年よりモバイルアプリの改善ソリューションを提供するRepro株式会社にマーケターとし参画し、市場創出から新規顧客の獲得まで幅広く行う。

大黒 健嗣(創る銭湯)

KENJI DAIKOKU / アートディレクター

1983年生まれ、青森県出身、慶應義塾大学SFC卒

オルタナティブスペース「AMPcafe」の運営を2008年よりスタート。2016年、アートホテル「BnAhotel Koenji」をスタート。創業メンバーとしてアートディレクションとコミュニティー部門を担当。高円寺では壁画プロジェクト「mural city project」や各イベント参加などを通じて「街」型のアートプロジェクトを展開している。

宮 早希枝(伝える銭湯)

SAKIE MIYA / デスティネーションプロデューサー

1986年生まれ、長野県出身、立教大学卒

2009年より大手広告制作会社にて企業と生活者を結ぶ様々なプロモーションの企画から運営に従事。2017年より独立し、日本の地域観光資源を活用した国内のインバウンドプロデュースや不動産のブランドコンサルティング、銭湯と企業の新規事業開発など、人と場所を結びつけるプロモーション領域に携わっている。

菅谷 真央(魅せる銭湯)

MAO SUGAYA / デザイナー

1992年生まれ、栃木県出身、武蔵野美術大学卒

大学在学中からBUDDHA,incの立ち上げメンバーとしてグラフィック、WEB、映像、写真など様々なジャンルの仕事を経験。卒業後は服好きが高じ、主にファッションブランドをクライアントとする制作会社にてグラフィック、ブランディングデザインを行う。デザインの力でより多くの人にインパクトを与えられる環境を求め、2017年よりWantedly Internationalチームのメインデザイナーとして参画。プライベートではメディア運営やフォトグラファーとしても活動。武蔵野美術大学講師。

加藤 優一(築く銭湯)

YUICHI KATO / 建築家

1987年生まれ、山形県出身、東北大学博士課程単位取得退学

(社)最上のくらし舎代表理事、OpenA/公共R不動産。2011年より復興事業を支援しながら、自治体組織と計画プロセスの研究に従事する。2015年より現職にて、建築の企画設計、まちづくり、公共空間の活用、本の執筆・編集等に携わる。2017年より「銭湯ぐらし」を立ち上げ「銭湯つきアパート」の企画運営を行う。近著に『CREATIVE LOCAL/エリアリノベーション海外編』(共著、学芸出版社)ほか。

平松 佑介(小杉湯店主)

YUSUKE HIRAMATSU / 小杉湯三代目

1980年生まれ、東京都出身、中央大学卒

2003年よりスウェーデンハウス株式会社に入社。入社4年目で全国トップの営業成績を記録し社長賞を受賞しトップセールスとして活躍。2011年8月、株式会社ウィルフォワードを創業。国内最大手のタクシー・ハイヤー会社の採用コンサルティング、WEB制作、マーケティング、法人営業部署の再生、広報PR部門の立ち上げ等の組織変革や、中小企業の採用コンサルティングなどに従事。2016年10月より、杉並区高円寺の銭湯「小杉湯」の三代目として働く。

執筆

銭湯ぐらし

SENTOGURASHI

この記事は銭湯ぐらしのメンバーが執筆しました。